2019年08月07日

怪奇現象かと思ったら

最近の車はどこのメーカーも『先進運転支援システム』という安全機能の開発に力をいれているようです。
パッと思い浮かぶ機能と言えば、衝突被害軽減ブレーキくらいでしたが、、、

先日高速を走っていた時、車線維持支援システムを体感しました。
車線の真ん中を走るようハンドル操作してくれるんですね👀‼
長距離でハンドルを軽く握ってボケ〜っとしてても、軽いカーブくらいだったら勝手にハンドルが動いてくれました。
最初はハンドルに違和感があって怪奇現象かと思ってビックリしました…😅
そういえば納車のときそんな機能があるとか言ってたような…💡
ちなみに、それでも白線を越えて行こうとするとハンドルがブルブルします。
音がなったりする機能は邪魔だな〜とか思ったりしてましたがこれは素直に凄い!と思ってしまいました。

あくまで“支援システム”なので頼りすぎるのも怖いなぁ、と思いつつ。
完全自動運転の車の実現も近いのかもしれないなぁ…と運転しながら考えてしまいました。

小野
posted by M-sport at 23:46| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。