2019年12月18日

ややこしいファミリーバイク特約

弊社の取り扱っている自動車保険に付帯できるファミリーバイク特約
約款やパンフレットを見ても説明がざっくりしていて分かりづらいなぁ・・・
と常日頃思っていたのでまとめてみることにしました。

ファミリーバイク特約とは、クルマの任意保険に付帯する125cc以下のバイクでの事故を補償してくれる特約です。
臨時で借りたバイクも対象になります。
自動車保険の記名被保険者、その配偶者、それらの同居の親族やそれらの別居の未婚の子などが補償の範囲になります。
ちなみにファミリーバイク特約には、運転者年令条件特約や運転者限定特約(本人限定、本人・配偶者限定)は適用されません。
使っても、等級が下がることも無いです。

う〜ん、ややこしい


そんなファミリーバイク特約、【人身傷害型】【自損・無保険車事故型】の2つあるのですが・・・
皆さんパンフレットや約款を読んで混乱されませんか?

5293795a98ff36917a3a030ca9138167.png

事故の相手側への補償、対人・対物に関してはどちらもバッチリ補償されますね。
自分のケガも補償してくれるのですが…
補償の内容に違いがあることがわかります。

まとめると、

【人身傷害型】
自分のケガに対して、自損事故以外の事故についても補償します。
ご契約の自動車にセットされた人身傷害保険の金額を限度に、
治療費など実際に掛かった費用をお支払します。

【自損・無保険車事故型】
自損・無保険者との事故に対しては定額で補償されます。
しかしその他の事故は補償されません。

その他の事故とは

相手がいる事故のことになります。

例えば…

事故を起こした際、相手が100%悪い事故なら相手に全額支払ってもらえます。
しかし、自分30:相手70の過失割合の事故で自分のケガの治療費が
100万円かかったとしたら・・・
70万円は相手から貰えますが、自分の過失分30万円は自腹です

車と違って体が常に外に出ているし、ケガに関しての補償は気になりますよね。

それじゃあ【人身傷害型】に入っていた方が安心だ!
でも保険料が割高になるなあ・・・
と悩むところかと思います。

うちは毎日通勤・通学に使ってるから手厚い補償の人身傷害型にしとこう!

とか・・・

うちはたまに近所で乗る程度だから自損・無保険車事故型でいいかな。

のように、

対象になるバイクに乗る頻度、環境等を考えてお選びいただければ良いのかな、と思います。


保険会社によっても補償内容は違ってきますので、
一度プランの確認をしてみてはどうでしょうか?


小野













posted by M-sport at 10:00| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。